脂肪注入の方法について

脂肪注入をする時は患者に採取するだけの脂肪がついているかどうか、どこから脂肪を採取するか体調などもチェックします。体重が少なく脂肪の蓄えがないと、脂肪注入ができないこともあります。これらの段階が終了すると、注入箇所を調べます。カウンセリングなどを通してどの程度の脂肪を注入することにするかを決定します。脂肪注入の手術を行う時は、部位によって部分麻酔もしくは全身麻酔を行ってから脂肪を吸引します。施術を受ける人の体型によっては1リットル~2リットルの脂肪を採取しますが、その全てを注入するわけではありません。採りだした脂肪を吟味し、状態の良いものを注入するという段取りになります。脂肪を取り除いた部分は皮膚がたるむこともありますが、しばらくすると以前の状態に戻ります。このようにして脂肪は注入されますが、注入した脂肪の全てが残るわけではなく、定着するのは60%ほどです。全ての脂肪が定着することはありません。半分ほどは残りますが、残り半分の脂肪は最終的には失われます。そのため、病院などで脂肪注入をする場合は、定着しない脂肪を見越して注入を行います。技術のある人が施す脂肪注入手術であるほど、体内に残る脂肪量に変動要素がありません。脂肪注入をする際は、病院や担当医師の評判などもチェックしてから行くことをおすすめします川崎市の不用品回収業者